アウトレット

昨日、彼女と彼女のお母さんとアウトレットに行ってきました。

二人がは旅行用の服を買いに行くというので、僕も仕事用の靴が欲しいなと思い同行させていただきました。

 

さて、仕事で使うものは安いものを選びますが、僕は私服をアウトレットだったり、そこに入っている世間的にメジャーなお店で買うことはほぼありません。どちらかと言うと大手よりもマイナーなセレクトショップで、店員さんと色々話ができる店に通ってます。

最近アウトレットに入っているドメジャーなお店に入る機会がなかったので、目を疑うような光景とまでは言いませんが、何となく違和感がありプチびっくりでした。

 

店内には汚く、雑多に並んだ洋服。必死こいて品定めするお客さん。「お買い求めやすくなっております」と叫ぶ店員さん。店外では、「タイムセールやってます。」とこれまた叫ぶ店員さん。

僕はこの光景が何となく不快でした。

 

彼女がワンピースを試着して出てくると、「お似合いですよ。」とか「その色は珍しい~」とかそんな程度の事言うだけなら接客する必要なくない?と思いました。もちろん人が多いのでそういう接客になるのは仕方ないと思うけど、捌いてる感が僕の好みではありませんでした。

 

人は安い方安い方にいくのは十分わかります。僕も服以外はあまり興味ないんで、ご飯なんかは安く済ませがちです。

でもやっぱり、身につけるものは「これを着てどこにいこう」とか「~ヶ月履いて表情が変わってきたな、1年後はどんな表情になってるかな」って楽しみたい気持ちがあります。他の人には無いのかな。

そういうゆとりの無い人間って面白くないですよね。

とアウトレットにて感じたことでした。