読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お待ちしないでください

人は日々、様々な後悔をしているかと思います。僕もそうです。

先日車を運転中に携帯で電話をしていたら、ネズミ取りに引っかかりました。高速入口のよく張ってるところなのでまずいかなーと思っていた矢先。入口と入口の間に隠れるように隠れてやがりました。

見事に罰金と点数を取られ、意気消沈したまま仕事を続けました。

 

さて、今回僕が話したかったことは「あのとき電話しなかったら罰金払わずに済んだのになー」という後悔話ではありません。

その罰金を払いに行ったときの話です。

交通違反の罰金はそのときもらった紙を期日までに銀行もしくは郵便局に持っていきそこで支払います。

違反をした翌日、僕は職場の近所にある郵便局にお金を払いに行きました。窓口ではベテランっぽいおじさんが対応してくれました。

もらった書類に住所と名前を書き、お金を支払うと手続きのため(?)「5番の札を持ってお待ちください」と言われ3、4分程待たされました。

そして「5番の方」と呼ばれ支払いの明細をもらい帰ろうとすると、

「またのお越しをお待ちしております。」と言われました。

いやいや、罰金払いに来たくないし!!

 

もうちょっと言葉は選んでほしいです。