読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残そう

以前もブログをやってましたが、気分新たに再スタートします。

まずは連休の記録を残せたらこのまま続けようと思う。

 

さて、そんな一発目が4月29日(水)の出来事。

昭和の日で祝日。僕の職場の地区は昨日から大型連休に入る。

前日に先輩と飲んでたら「イチゴ狩りに行くけどお前も来るか?」とお誘いをいただく。

勿論行きまっせ!とすぐに回答しようと思ったが、会社の女性メンバー(5名)も来るとのこと(正確には先輩が男一人誘わていてそれに付随する形)。

空気わるならへんかなーと思いつつ、結局シークレットゲストとして参加。

当日意外なゲストがいて女性陣はびっくり仰天のようだった。

ノアをレンタルしてきて出発。無論僕が助手席に、女性陣は後ろに。

道中先輩は「どこでもノア!」とドラえもんのモノマネ(?)をしていたが女性陣は全く聞いていない。僕一人がツッこむ。

さて、イチゴ畑に到着する。お金を払い半透明なテントの中に入り我々の陣地まで係のお姉さんに案内してもらう。62番レーン。まるでボーリング場のようだ。

器を受け取り、さあ狩るぞ!!と意気込むが女性陣がお手洗いに行くとのことで、先輩とお先に狩ることに。時期は少しずれているがなかなか美味。大きくて甘味が薄いのもあれば、小ぶりで甘いのもあり開始5分で堪能。女性陣が戻ってくるも、いい感じのイチゴは我々が食べ尽くした。ゲストの身でありながら大人気ないことをしてしまった。反省。その横で、「この一帯を全滅させる」と意気込み、赤いイチゴ、白いイチゴ見境なく荒らす先輩。

結局5個ぐらいイチゴを食べ、お腹をイチゴ汁でタプタプにしながら、腹ごなしのためイチゴ狩りをした場所から約10分の場所にあるフィールドアスレッチクへ。入場口からすぐバンジージャンプ台が見える。ロープを張り巡らせたアスレチックには大人も子供も群がっている。案外バランス感覚のある僕は綱渡りのようなものからロープを使って木に登るものなど難なくこなす。2時間かけて一周した。

朝から夕方まで充実した一日だった。明日が仕事じゃなかったらもっと充実していただろう。