水道代

先日水道代の請求書が届いた。

11~12月の金額は1万を超えていた。9~10月は3千円だった。

 

原因はもちろん家族が増えたから。

7月の半ばから10月の頭まで妻は実家に里帰り中だったので、一人暮らしの料金だった。

それ以降は妻も子どもも帰ってきて、洗濯の量は増えるし、妻もほほ一日家にいるとどうしてもインフラ面はお金がかかってしまう。まあ仕方ないです。

 

 

それよりも少しほっこりしたのは、検針してくれたおばさんが、「今回えらい料金上がってるけど、水漏れとかしてないよね?」と確認してくれたようです。

ちょっといい話。

手帳

ほぼ日手帳を買った。正確には誕生日プレゼントとして買ってもらった。妻からほぼ日オリジナル(文庫本サイズ)を、母からほぼ日5年手帳を買ってもらいプライベート手帳を2冊持ちすることに。

僕は10月が誕生日だが、その時は特に欲しいものが無かったので「考えとくわ~」ってながしていたけど、テレビでほぼ日の特集をやっていたのを見て、「これだ!」と思い買ってもらうことにした。手帳が届くのが楽しみで、ほぼ毎日妻に「まだ?」と聞いていた。

 

実は、社会人になってすぐにもほぼ日手帳を持っていたけれど、独身だったので休日でも特に書く事がなく、予定がわかればいいということでここ最近は美容院でもらえる薄い手帳を使っていた。

 

でも結婚して、子供が生まれたら予定であったり、やることであったり、何より子供の成長を記録しておきたくて、書くスペースの多いほぼ日手帳にすることにした。

 

通常のほぼ日は個人の予定をメインにし、5年手帳は子供の記録に使おうと思っている。

12月の欄がないので、来年1月からスタートだけれども、こんなにも届くのも書くのも待ち遠しい手帳は珍しいですね。

珍しくすすむ

とても読みやすい。

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」。

会話が比較的多く、余談が少ないのでとても読みやすい。

 

司馬遼太郎の小説は、話が逸れたり、会話が少なかったり(歴史小説だから当然ではあるが)でなかなか読んでて疲れます。

 

でも竜馬がゆくはあまり疲れず読みやすい。

 

このまま一気に全巻いきます。

昔のゲーム

最近FF9をやってます。

PSのアーカイブスでダウンロード版ですね。

 

PS2までのゲームってシンプルでわかりやすいんですね。操作も簡単ですし。

やりこみ要素も社会人にとってはちょうどいいくらい。

 

コツコツ昔の思い出に浸りながら楽しんでます。

健康診断

そういえば先日健康診断に行ってきました。

今年30歳になる僕は通常の健診プラス内視鏡検査をしてきました。

いわゆる胃カメラ

 

最初は鼻からカメラをいれる予定でしたが、鼻腔が小さく予定とは違い口からカメラをいれることに。

 

マウスピース的なのを口にいれ、いざカメラが入ってきます。

食道を通るときは地獄でした。胃までいくと少し楽に。でも十二指腸にいくと地獄再来。

 

抜く時の食道も地獄。

涙で検査着の肩が濡れてました。

 

死ぬ思いで行った胃カメラの結果は問題なし。

 

次は35歳です。もう嫌です。

 

動きます

先輩が辞めるとなり、先輩の彼女も辞めることに(社内結婚なので)。

その穴埋めとして、僕のいる支店から一人異動に。

ただでさえ忙しいのに、その人の客先も僕がほぼ受け持つことになる。

しかも土日出勤の負担が増す。

そして給料は安い。

 

さすがにもう会社のために働く気は無くなりました。

当初は年内に転職しようと考えてましたが、予定を少し早め決算月の9月あたりで辞めようと検討してます。

 

今のモチベーションはお客さんのため、ってだけ。

もうすぐ子どもも生まれるし、こんな働き方嫌だなって心底思うようになりました。

少し悲しい出来事

先日会社の先輩が転職すると聞いて、プチショックでした。

入社当時からお世話してもらってた人で、支店は違うけど仲良くさせてもらってました。

 

僕も何か動かないとなーとザワザワしてきました。